runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。

沖縄の観光旅行のお土産としての首里織の色の鮮やかさなどや、色々な商品になっていることなどを書いています。

鮮やかな色の首里織と気候

runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。 首里織は沖縄の観光でのお土産などや記念には、最適ではないかと思いますが、その特徴は、着心地の良さや生地の丈夫さもありますが、何よりも色の鮮やかさではないかと思います。南国特有の明るさを表現できる生地になっていて、生地の染料も藍、福木、モモカワ、サルトリイバラ、シャリンバイなどがあり、自然の染料から作られているということです。やはり沖縄は南国ですので、太陽の下の明るさということで色が鮮やかな首里織がぴったりなのではないかと思います。製品としては衣類はもちろんで、着心地が良いので若い人にも好評なようですが、その他にもお土産品として色々なものが作られています。中には三味線を首里織で作っていたものもありました。

その他でも財布やネクタイ、シャツや敷物などまで、あらゆるものに使われている布になっていました。しかしやはり琉装などの着物などの伝統的な衣類は、首里織が似合っているように思います。暑い南国ということで、通気性がよくないといけないということもあったのではないかと思いますが、琉装などは着方などでも工夫をしていましたから、首里織は沖縄の気候にもよく合っている織り方ではないかと思います。沖縄の観光旅行では、首里織の何かをお土産にすると良い記念になるのではないかと思います。

関連キーワード