runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。

沖縄の那覇にある伝統の織物の首里織の今までの経過や歴史と材料や技法などのことを書いています。

沖縄の伝統の首里織の特長

runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。 沖縄の大切な伝統の首里織ですが、戦争等もあり一時はそのまま消滅するのではないかと危惧された時代もあったそうです。しかし今は復活していて、後継者も増えているそうで、安心できる状態になっているそうですし、県の無形文化財にもなったということで、知名度もアップしていくのではないかと思います。那覇の織物は大きく分けて2つの系統があるそうで、庶民のかすりである白絣と、高貴な身分の人たちが利用した多色染めの織物だそうです。今ではそのどちらも見ることも、手に入れることもできますので、沖縄の観光旅行でも、那覇には必ず立ち寄ると思いますので、それらの織物を購入してお土産なり沖縄旅行の記念なりにすると良いのではないかと思います。

一時は危なかった首里織ですが、そのような伝統的な首里織の歴史を知ると、愛着も増してくるのではないかと思います。また使用されている原材料は、絹糸や木綿糸、また麻糸などだそうです。その中で歴史のある技法としては、水だきによる手紡の真綿つむぎがあり、500年の伝統がある技術だということで、それだけでも、どのようなものかも興味があります。沖縄の観光旅行では、そのような首里織にも出会えるので、楽しみも増すように思います。

関連キーワード