runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。

沖縄の観光旅行でのお土産として首里織が良いということで、首里織の歴史などを幾つか書いてみました。

伝統の首里織の歴史とお土産

runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。 沖縄の観光旅行では、お土産として何を買って帰ろうかと悩んだりするものですが、そのようなお土産では首里織という織物があるので、この織物も良いのではないかと思います。それぞれの地方では何処にも織物がありますが、それぞれの地方では伝統の織物なので観光の目玉になったりします。沖縄の首里織もそうですが、首里織の歴史は14,5世紀にさかのぼり、琉球王朝が交易国家ということなので、海外の色々ものが持ち込まれましたが、それは形のあるものばかりではなく、形のない技術のようなものまで持ち込まれました。そしてその伝統が何百年もの間に積み上げられて、今の沖縄の産業文化になっていったということになりますが、その典型的なものが首里織ではないかと思います。

また沖縄の気候風土での多種多様な個性のある琉球織物が生み出されました。そして琉球王朝では絵師の描いた図案をもとに、各島々の人たちが織物にして、これが御用布として献上されたということですが、それはそのまま王府であった首里の技術になり、首里織は言わば、沖縄県の琉球王朝の織物の集大成として今に残ることになったということですが、首都ということですので当然の結果だろうと思います。ですからとても価値のある織物だということになります。

関連キーワード