runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。

戦争を乗り越え受け継がれてきた首里織には独特の技術と風合いがあります。体験織りで旅の思い出を残しましょう。

首里織の体験織りなら、旅の思い出も織り込めます。

runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。 沖縄土産といえば紅いもタルトやちんすこう等定番の食べ物が思い浮かびますが首里織の名刺入れや文庫本カバー、テーブルセンターなどもいいものです。かつて、琉球王国の政治経済はもとより文化の中心地としても栄えた首里。東南アジアとの交流で花蔵織や道屯織の技術を、そして本土からはつむぎや木綿の技法を学んだといわれています。王朝に使える絵師の描く図案を各島の婦女子が織り上げ王朝に献上したというこの織物は、1時戦争によって途絶えかけましたが、昭和49年に無形文化財の指定を受けた事がきっかけで又新しく受け継がれようとしています。

昭和58年に首里織という名前がつけられましたが、沖縄の歴史を見てきた貴重な織物です。庶民は藍染の白絣や紺絣、色を多用した花蔵織や道屯織は王家や貴族専用で首里でのみ織られたものだそうです。素材は絹や木綿、麻など。化学染料も使われますが、琉球藍やふくぎ、車輪梅など亜熱帯に生息する天然染料を多く使用するのが特徴です。着心地のよさや丈夫さもさることながら、他にない独特の風合いはこの染料のおかげかもしれません。

琉球の面影が残るこの町では体験織りをさせてくれる所もいくつかあります。遠い日に思いを馳せながら旅の思い出を織り込むのも良い経験になるでしょう。

関連キーワード