runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。

伝統ある琉球時代の首里織は、海外貿易から得た織物技術から多様な織り方と格調高い色彩のある織物です。

沖縄の伝統の織物は首里織と言う、技術の優れた織物です

runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。 琉球王国時代の首都であった首里は、文化政治の中心だったのです。その首里は、現在の那覇市首里にあります。その琉球時代には、中国と南方の多くの国々と貿易を行っていたのです。その為に海外貿易から織物の技術と材料を積極的に取り入れた琉球王だったのです。そこから色柄ともに格調ある多種類の織物が、作られるようになったのです。それは首里織と呼ばれる織物です。その琉球時代は、士族の為に織られた織物だったのですが、その色彩は大変にきれいな織物で、中国の織物と南方の織物の技術の織り方をあわせ持った首里織りです。その特徴は、先染めの平織組織の絣織物です。それは絹糸で織った高級感があるのですが、着やすさが魅力の織物です。

また首里花織と言う先染めの萩織物一種もあります。首里織は技法の種類でいくつかの織り方の技法があるのです。その他にも首里ミンサー等の種類があり、合計8種類ほどの首里織り技法です。ですから紋織りから絣織等の様に多彩におられるのも首里織の特徴です。その首里織は、無形文化財として国の指定を受けています。その格調高い織物で、琉球の伝統と文化を体感できます。その歴史は、戦後全てを失った沖縄ですから首里織も衰退の危機があったのですが、伝統を守る琉球文化の復興で未来の若い人たちにも受け継がれています。そして観光客にも人気の沖縄の伝統の織物です。