runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。

首里織は、琉球王国時代から多くの方々に愛されている今も大変人気がある沖縄伝統の工芸品となっています。

伝統と気品を感じる首里織の魅力

runningmansoftware.com : 一人旅の思い出、首里織について。 日本の都道府県の中でも、独自の歴史や文化があると言われているのが沖縄県です。非常にさまざまな伝統がありますが、中でも首里織というものは沖縄独自の美しさを感じることが出来ます。こちらは、沖縄県の伝統工芸品となっていて、手織りの技法ならではの風合いを感じることが可能です。独自の風合いを感じることが出来る理由は、手織りという事もありますが、すべての作業が手作業となっているからです。さらに、糸から染料までこちらを作りだすのに必要な物はすべて自然にこだわっています。その為、世界に一つだけしかない美しい織物が出来上がるのです。

その歴史は古く、約500年前から作られていると言われています。琉球王国だったころに作られた織物なのですが、沖縄ならではの気候風土に合わせて作られているので、現在でも受け継がれている伝統織物です。琉球王国の時代には、貴族や士族の方々に愛用されていたそうです。それほどまでに気品あふれている織物という事になります。

現在では、半幅帯などの着物に使用されていたり、現代人の大不スタイルに合わせたかりゆしウェアとしても愛用されています。観光客の方にぴったりなバッグやポシェット、財布と言った小物類にも使用されていますから、お土産物としても非常に人気があります。

関連キーワード